03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

電卓。

2009/08/14
この間、学校で友達と話してた電卓について。
ちょうどいい感じのニュースがあったので、ご紹介~

名人は1秒で5打! 仕事の効率もアップする電卓の使い方を教えます
「算盤勘定」「算盤を弾く」「算盤を枕にする」など、"そろばん"を用いた慣用句はいろいろありますが、いまの時代はやっぱり"電卓"。会社の会計係やショップ店員も電卓片手に働いています。もちろん我々もたまに使いますが、人差し指だけの入力では、ちょっと............

 
大学に入ってから関数電卓をよく使うようになったけど、
あまりの機能の多さに使える機能のうちの
1割も使ってないんじゃないかって思う今日この頃ーー;

の記事を読んで、はっきりとは知らなかったことがたくさんあったので、
追記にちょっとあげてみま~す。


まずは、大学で話してる時にもあがった『メモリー機能』

●メモリーキー
・M+:直前の数字や計算結果をメモリーに足す。
・M-:直前の数字や計算結果をメモリーから引く。
・MR(MR):メモリーの計算結果を呼び出す。
・MC(CM):メモリーの計算結果をクリアする。

 メモリー機能を使うと計算しやすくなる例として、以下のような問題があります。

問:95×41-72÷12=

 これを電卓で行うと、

95⇒×⇒41⇒M+⇒72⇒÷⇒12⇒M-⇒MR

 という手順になり、 【答え:3889】  となるわけです。




次は、これ。
これは、全く知らなかった使い方~

●定数計算
 決まった数字を連続して計算することで、同じ計算キーを2回押すこと有効になります。たとえば時給900円のバイトの給料を計算する場合、

Aさん:900×149=
Bさん:900×175=
Cさん:900×154=
Dさん:900×122=

 という計算をする必要があります。この場合、

900⇒×⇒×

149⇒=(134100)

175⇒=(157500)

154⇒=(138600)

122⇒=(109800)

 と打つことで連続して答えを求めることができます。


毎回900×と入力する手間が省けるので非常に便利だけど、
この定数計算は、CASIO以外の電卓にはほとんど搭載していないらしぃ。



ってな感じで、他にもいろいろあるっぽいけど、今回取り上げた電卓だけじゃなく、
身近なもので案外使いこなせてないモノって他にもたくさんあるよね・・・
11:50 ニュース | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
なるほどねー。
メモリー機能、使い方わかってもとっさには使えないなぁ^^;
→ふぇいる
関数電卓だと一気にたくさん打てるから、
普通の電卓のメモリー機能ですらショボク感じちゃうことない??

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。