04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

命日

2008/01/05
自分で書いててなんかめちゃめちゃになっちゃったけど,気持ちの整理のためにもそのままの形でUPしてあります。

今日。1/5がお母さんの妹の旦那さんつまりは叔父さんの命日となった。

お父さんよりも若いし、自分の1こ下のいとこだっている。
この間会ったときも、病院のベットの上でだけど元気そうにしていたのに・・・いなくなってしまった。
今日の朝、お母さんにもう危ないらしぃと告げられた。
そして、その1,2時間後に亡くなって、いろいろとやることがあるからとお母さんはお父さんと一緒に出かけていった。

この日記を書く前は、ぜんぜん実感がわかず何とも無かったけど、意識し出したらもう苦しくてしかたがない。
高校2年のときに、お父さんのお兄さんこちらも伯父さんがなくなったのだが、伯父さんは九州に住んでいてほとんど会った記憶もない(こちらも入院したと聞いて、一度だけ会いに行ったことがある)し、お葬式にもでなかったので、あんまり深くは考えていなかった。
しかし、今回亡くなったのはわりと身近に住んでいて、少なくとも毎年お正月には顔をあわせている方のおじさん。
今まで一度も身近な人がなくなったことがなかっただけに、どうしていいのかよくわからなくてなんかもういっぱいいっぱい。

お葬式は、火曜日なんだけど。当日、泣いてしまわないかがすごく心配。
本人の顔とか写真とか見たら、やばそぅ
従兄妹とかは、来年成人式で、成人式まで持たないかもって言われていたらしく、今年の正月前に着物姿を見せたりしていたらしいしね。

なんか、整理しようとして書いたけどぐちゃぐちゃだーー;
涙も止まらないし、考えないようにするのってむずかしいゃ

23:57 日常 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
去年の夏休みに我が家の祖母が亡くなってるので、この話は結構リアルです。

毎日顔つき合わせてた人が急にいなくなったからね。
なんと言うか…ぽっかり穴の開いた気分ってんですかね?
良くある言葉で言うと

自分の場合はとにかく現実味がなかったです
というか3ヶ月以上たった今でも実感ありません

葬式前には自分の手で仏さんを棺の中に入れました。
直前まで、徹夜でそのそばにいました

当日は、自分は泣きませんでした。と言うか涙が出なかった
眼から輝きが失せる、って言う感じかな?
とにかく虚脱感満点でした

親と妹たち、おじさんやおばさん(特に直接の子供の方)は
ぼろぼろ泣いてました。
死に目のときでさえ泣かなかったのに、泣いてました。

火葬直前に触れた頬の感触は今でも、手に残っています。
スーツ姿は・・・・・見せられませんでした。


葬式がどんな形式かは知らないけど、
泣くのは我慢しないほうがいいとおもう。
むしろ泣けるときに泣かないと後悔するぞ?絶対

そのかわり、しっかりと、最後の、最後まで
その安らかな顔を、しっかり見ておくべきだと思う。
涙でぐちゃぐちゃの顔でいいから、できれば、わらって
最後に声をかけてあげるといいとおもう
それが、せめてものはなむけだと思うから


長く書きすぎてコメントの域を超えてしまった;;
俺も身内を亡くした経験が無いな

『いなくなる』ってのは人が何度も経験するようなことじゃないから現実として受け止められにくいんだろうね。

自分の気持ちなんて無理に整理しなくてもいいんじゃね?

あるがままの感情でいればいいと思うぞ。

管理者のみに表示
« ボタン | HOME | 学年会 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。